野原の植物 ≪ 大犬の陰糞 ≫オオイヌノフグリ 3月中旬:埼玉県さいたま市 田島ヶ原
仲間の植物
広葉虎の尾ヒロハトラノオ 瑠璃虎の尾ルリトラノオ 軍配蔓グンバイズル 比翼草ヒヨクソウ 虫草ムシクサ 川萵苣カワジシャ 立犬の陰糞タチイヌノフグリ 小米犬の陰糞コゴメイヌノフグリ 鍬形草クワガタソウ 山鍬形草ヤマクワガタソウ フラサバソウ 大川萵苣オオカワジシャ

ゴマノハグサ科(クワガタソウ属)、二年草、ユーラシア,アフリカ原産で明治期にきずかれる。 茎は分岐し葉は茎の下部で対生し上部で互生する。茎の上部の葉腋から1から2センチほどのルリ色の花を1個付ける。 また,クワガタソウ属は花形が皿状,果実はハート形である。合弁花で触れるとポロット落ちやすいのが特徴。花期は3月から5月頃で、生育地は田畑や道端、草丈は5から10センチ程で、分布は日本各地です。


.