野原の植物 ≪ 仏の座 ≫ホトケノザ 4月中旬:埼玉県川島町井草:越辺川の土手
シソ科 : 二年草 属名 : オドリコソウ属

学名 : Lamium amplexicule

花期 : 3月〜6月

草丈 : 10〜30センチ

生育地 : 畑や道端等

分布 : 本州〜沖縄
仲間 : 踊子草オドリコソウ 姫踊り子草ヒメオドリコソウ 白花姫踊り子草シロバナヒメオドリコソウ 紅葉葉姫踊り子草モミジバヒメオドリコソウ


葉が段々につくので別名を三階草ともよび,対生する葉を連座に見立てたことにより仏の座と呼ばれている。
葉は対生し1から2センチの長さの扇状円形で鈍い鋸歯がある。花は上部の葉腋に約2センチの紅紫色の
唇形花をつける。 ※ 春の七草のホトケノザはキク科の コオニタビラコのことである。

.