野原の植物 ≪雄蛇苺≫オヘビイチゴ 5月上旬:埼玉県大里郡大里村箕輪付近
バラ科 ( キジムシロ属 ): 多年草 学名 : P.kleiniana

仲間 : 雉蓆キジムシロ 河原柴胡カワラサイコ 越後雉子筵エチゴキジムシロ 三葉土栗ミツバツチグリ 広葉の河原柴胡ヒロハノカワラサイコ 照葉金梅テリハキンバイ 岩金梅イワキンバイ蔓金梅ツルキンバイ 水元草ミツモトソウ 姫蛇苺ヒメヘビイチゴ 大蛇苺オオヘビイチゴ 白花の蛇苺シロバナノヘビイチゴ
似た植物 : 蛇苺ヘビイチゴ

茎は地をはい斜状する。 全体に伏毛(フクモウ)があり花は茎の上部に約8ミリの黄色の5弁花をつける。根生葉は長い
柄の掌状(しょうじょう)の5出複葉で,茎葉は柄が短い3出複葉。小葉は粗い鋸歯(きょし)の楕円形を呈し,果実は褐色
のそう果で花床(かしょう)がふくらまずイチゴ状でない。いわゆるイチゴ型の果実をつくらない。また,副萼片は萼片と同
じ形でやや小さい。花期は5月から6月頃、草丈は約20センチ程、生育地は田の畔など、分布は本州から九州

.