野原の植物 ≪溝蕎麦≫ミゾソバ 6月下旬:埼玉県川越市大袋付近
タデ科 ( タデ属 ): 1年草 学名 :Polygonum thunbergii

花期 : 6月〜10月

草丈 : 30〜100センチ

生育地 :田のあぜや湿った所
タデ科の仲間 : 深山谷蕎麦ミヤマタニソバ継子の尻拭ママコノシリヌグイ
イシミカワ秋の鰻つかみアキノウナギツカミ大溝蕎麦オオミゾソバ
谷蕎麦タニソバ溝蕎麦(白花)ミゾソバ

分布 : 北海道〜九州

やや湿った田のあぜや水辺に群生し,茎は下向きに刺がある。茎の下部は地をはう。葉は卵状の
ほこ形で基部は耳状に張り出し,果実は3稜の卵球形のそう果である。別名を牛の額とも言う 。

.