野原の植物 ≪仙人草≫センニンソウ 7月中旬:埼玉県比企川島町南園部付近
キンポウゲ科 (センニンソウ属): 多年草 学名 :Clematis terniflora

花期 :8月〜9月

草丈 :つる性の半低木

生育地 :日当たりの良い道端など

仲間の植物
牡丹蔓ボタンヅル 半鐘蔓ハンショウヅル
草牡丹クサボタン 白花半鐘蔓シロバナハンショウズル

分布 :北海道〜沖縄

葉は無毛で長くのび,対生で卵形〜卵円形の3〜7個の小葉からなる。 また,曲がりくねった葉柄(ようへい)で
他の木や草にからみつく。花は葉のわき(葉腋)から円錐花序を出し白い花を多数だす。また,萼片は十字形に
開き,倒披針形で縁に白い毛が多い。似たボタンヅルは小葉に鋸歯(ぎょし)があるので本種と区別ができる。

.