野原の植物 ≪野路虎の尾≫ノジトラノオ 7月中旬:埼玉県比企郡川島町某所
サクラソウ科 ( 絶滅危惧種 ) : 多年草 属名 :オカトラノオ属
学名 :Lysimachia barystachys
花期 :6月〜7月
草丈 :0.7〜1メートル
生育地 :湿った草地など
分布 :関東地方以西の本・九

仲間の植物
岡虎の尾オカトラノオ 沼虎の尾ヌマトラノオ 小茄子コナスビ 銀鈴花ギンレイカ 唐土草モロコシソウ 悼沢虎の尾トウサワトラノオ

茎は淡褐色の毛が多い。葉は細く長さ約6〜10センチ,幅約0.8〜1.5センチの狭長楕円形で先端は
あまり尖らない。 花序の先は垂れて,白い花を多数つける。また,良く似たオカトラノオは茎に白い短毛が
まばらにあるのに対して,本種はやや褐色を帯びた毛が多く,葉の形が異なるので区別できる。

.