野原の植物 ≪吾木香≫ワレモコウ 9月上旬: 埼玉県 ( 埼玉県民の森 )
バラ科 : 多年草 属名 :ワレモコウ属

学名 :Sanguisorba officinalis

花期 :8月〜10月

草丈 :40〜100センチ

生育地 :山野の草地など
仲間 :小花の吾木香コバナノワレモコウ唐糸草カライトソウ
長穂の白吾亦紅ナガボノシロワレモコウ

分布 :北海道〜九州

名前はキク科のモッコウ(木香)からだそうであるが,モッコウは根に芳香があり,バラ科のワレモコウは葉に
西瓜のような匂いがする。葉は長楕円形〜卵状楕円形で,小葉は2〜6対からなる奇数羽状複葉である。花
は長さ1〜2センチ程の,長楕円形で,穂状花序の暗紅紫色の花を密につける。また,全体は無毛である。

※ ワレモコウ属の特徴は小さい花を密集し穂状花序をつくり,花弁はなく,4個の萼片が花弁のように見えること。

.