野原の植物 ≪荒れ地盗人萩≫アレチヌスビトハギ 9月中旬: 群馬県高崎市京目町付近
マメ科 :1年草 属名 :ヌスビトハギ属
学名 :Desmodium paniculatum
花期 :7月〜9月
草丈 :50〜150センチ
生育地 :荒れ地など
分布 : 日本各地

仲間 :盗人萩ヌスビトハギ 丸葉盗人萩マルバヌスビトハギ


荒れ地などに多く生える帰化植物で北アメリカ原産である。 茎は良く分岐し,開出毛が多い。葉は3出複葉で,小葉は
長さ約5〜8センチ程で,幅は2〜4センチ程の狭卵形である。また,両面に伏毛が密生する。花は青紫色で蝶形花で
あり,長さ約7〜8ミリ程で,ヌスビトハギよりやや大きいので区別がつきやすい。果実は3〜4節の節果(せっか)。

.