野原の植物 ≪踊り子草≫オドリコソウ 4月上旬:埼玉県川越市川越城跡周辺
シソ科 : 多年草 属名 :オドリコソウ属

学名 :L.album var. barbatum

花期 :3月〜6月

草丈 : 30〜50センチ

生育地 :山野や道端など
仲間 : 仏の座ホトケノザ 姫踊り子草ヒメオドリコソウ 白花姫踊り子草シロバナヒメオドリコソウ 紅葉葉姫踊り子草モミジバヒメオドリコソウ

分布 :北海道〜九州

花の名前の由来は 笠をかぶった踊り子が輪になって踊る姿にたとえました。半日ぐらい日陰になる山野や
道端に群生します。茎はやわらかく,本種をはじめ シソ科のほとんどの植物は茎の断面が四角形をしている。
葉は対生し,花は上部の葉のわきに淡紫色またわ白色の唇形花(しんけいか)を輪生する。

.