野原の植物 ≪牡丹蔓≫ボタンヅル 8月上旬 : 栃木県上都賀郡足尾町
キンポウゲ科 ( センニンソウ属 ) 学名 : C.apiifolia

草丈 : 半低木のつる性

花期 : 8〜9月頃

生育地 : 日当たりの山野

似た仲間
仙人草センニンソウ半鐘蔓ハンショウヅル
草牡丹クサボタン 白花半鐘蔓シロバナハンショウズル

分布 : 本,四,九

葉は1回3出複葉で,小葉は広卵形です。 また,先が鋭く尖り不揃いの鋸歯があります。 花は葉腋に
付き,雌しべが多数あり,そう果に毛があるのが特徴です。似ているコボタンヅルは葉が2回3出複葉
で,そう果に毛がなく,小葉は細長く粗い鋸歯があります。

.