野原の植物 ≪谷蕎麦≫タニソバ 10月上旬 : 埼玉県 : 奥武蔵正丸峠付近
タデ科 ( タデ属 ): 1年草 学名 : P.nepalense

草丈 : 10〜40センチ

花期 : 8〜10月頃

生育地 : 田のあぜや山地の湿地
仲間の植物 : 深山谷蕎麦ミヤマタニソバ継子の尻拭ママコノシリヌグイ
イシミカワ秋の鰻つかみアキノウナギツカミ大溝蕎麦オオミゾソバ
溝蕎麦ミゾソバ溝蕎麦(白花)ミゾソバ

分布 : 沖縄を除く日本各地

葉は互生し,秋になると茎の赤味が増して,鮮やかさをまし,美しいです。花は僅かに赤味を帯びます。
また,本種は翼のある葉柄が特徴です。

.