セリ ナズナ ゴギョウ ハコベラ ホトケノザ
写真をクリックすると詳しいページにジャンプします。 戻るには をクリックしてください。
上の写真はなじみのダイコンですが,春の七草ではスズシロといいます。また,カブもスズナという呼び名で 七草のひとつでもあります。

セリとナズナは昔から知られていますが,ナズナはペンペン草の名前でも知られています。

ゴギョウは母子草のことであり,ハコベラは繁縷のことでもあります。また,春の七草でいうホトケノザはキク科のコオニタビラコのことをさし, 同じ名前で紅紫色の唇弁花のホトケノザはシソ科に分類されるもので,食用としては適さないです。

下の写真は実際に食されている春の七草です。

平成18年、西友に売っていた七草セットです。
398円でした。実際にはハコベラは沢山ありましたが、撮影の関係上少なくしました。
下の写真は七草粥にする前のまな板の乗った七草たちです。
ホトケノザとナズナが見分けにくいですが、下の左がナズナ、
右から2個目がホトケノザです。

七草粥の作り方
さっと茹でた七草の水を絞り、細かく刻みます。炊けた粥の中に入れ、蒸らすこと5分程で出来上がります。
出来たら好みで塩を入れます。作り方はいろいろあり、粥が出来きたら茹でた七草を入れて、5分程待つ方法が簡単です。