アルコール変調

(毎晩繰り返されるアルコール変調)・・・夜な夜な聞こえてくる浪速節、犯人は当局である。430MHzFM帯から脱却できずにいる。HFバンドに夢を追いつつ頭の中では完成してるのにも関わらず69センチの波長にこだわりを抱いている。 MFJのアナライザーであっても10ミリワットであるが当局はその10倍の100ミリワットQRPPである。何がって? 59フルスケールのレポートをもらう喜びである。



クリックするとジャンプします。

ゴーヤの漬物 秋刀魚のさんしょ煮 マッコリ 珈琲専科 冬至
パンダ公園 隣の晩ごはん 住民基本台帳 柚子と唐辛子
手打ちうどん 懐中電灯 にぼしの佃煮 コーヒ豆雑味抜き 倍返し饅頭



ゴーヤの浅漬け

ゴーヤのパワーが疲れた体にむちを打つ。

怖い書き出しであるが、実は生活習慣病に効果があるとのこと。ゴーヤの苦みには血液をサラサラにし血圧を安定にするらしい。また、果皮に含まれるモモルデシンとチャランチンという成分により血糖値を下げる効果があるとされる。

さらに、植物インシュリンも含まれ血糖値を安定させる。また、前述のモモルデシンとチャランチンはコレステロールを低下させる効果があるらしい。食物繊維や水溶性の繊維が豊富に含まれ血液中の脂肪を低下してくれる。ガン細胞の増殖を抑える効果があるとのこと。まさにメタボな作者に最適な食材である。

さて、ゴーヤの浅漬けの作り方は簡単である。ゴーヤを真ん中で半分に切り、片方は次回に回し冷蔵庫に保存する。片方のゴーヤは縦に二分し、中心のスポンジ状の芯をスプーンで取り除く。

クリックすると拡大します。 ゴーヤの浅漬け
5ミリ間隔に切り、ビニール袋に入れる。塩を少々、浅漬けの元を少々、生姜を少々、茗荷を少々、最後に酢を少々である。

男の料理故、好みでぶち込む。気持ちもんでまんべんなく浸透したら冷蔵庫に入れ寝かす。たまにひっくり返すことをお忘れなく。一時間も経過すれば出来上がりとなる。

食べ方は小皿に盛り、食事中につまむのも良し、焼酎に入れても良い。焼酎は氷を入れ冷やし麦茶で薄めにする。コップの底に沈んだゴーヤを竹串で突っつき食べる。焼酎の香りと苦みが口の中で広がる。薩摩焼酎が特にうまい。焼酎とマッチする酢は柑橘類を入れると香りが良い。

新しい発見と薩摩焼酎の独特の臭みがゴーヤの苦みと良くあう。しつこさのない飲みやすい焼酎に変化する。まさに雪深い南魚沼郡湯沢町の日本酒、上善如水に匹敵するフルーティーなものになっている。

マイクを握りながらの飲酒は避けたほうが良い。たまにコップをひっくり返し土石流ならぬ焼酎と氷、ゴーヤまでもがテーブルを汚し、自分の体に飛び火する。こういう時に限りXに救いを求めても 「 ざまあーみろ 」とばかりにただ今取り込み中で相手にされないのがせきのやまである。

TOPに戻る



秋刀魚さんしょ煮

頭からがぶり! あらたに酒の摘みをゲット

秋刀魚といえば金華山沖の物が多く出回り、北海道東方沖に回遊するまでに捕ってしまう。それ故に焼いても煙も出ず秋刀魚に火が引火する程の勢いもない。 脂がのっていない証拠だ。北海道沖の秋刀魚は脂がのっているためにマンション住まいでは煙が出てなかなか食べられない。久しぶりに良質の脂ののった秋刀魚に出会えた。それは「秋刀魚さんしょ煮 」である。

そのうたい文句は販売店の宣伝を引用するとこうである。北海道東方沖で獲れた脂ののった秋刀魚を、手作りの技法で丹念に仕上げました。自然の旨みと姿形はそのままに、骨まで煮上げたやわらかな味わい。山椒の風味が、コクと美味しさをいっそう高めています。 安心してお召し上がりいただくために合成保存料などの添加物は一切使用しておりません。旬をまるごとご堪能ください。
クリックすると拡大します。 秋刀魚さんしょ煮
クリックすると拡大します。 秋刀魚さんしょ煮

食べ方は? 何も能書きはない。作者は頭から食べる。頭の骨と目玉までやわらかい。

一噛み、口の中で良質の秋刀魚の脂が広がる。さらに山椒で漬け込まれた秋刀魚の濃厚な味がする。

そこに焼酎のほのかな香りが融合する。秋刀魚さんしょ煮と共に焼酎もおいしく頂けた季節限定秘伝の佃煮であった。ワンパック3本入っていた。最後の一本はいつ食べようか。美味しい焼酎が手に入ったら最後の一本を食べることに決めた。

佃煮専門店の
新橋玉木屋さんで手に入る。

TOPに戻る



マッコリ

乳酸菌のお酒で酸味があり焼肉が美味しく頂ける。

久しぶりに焼肉を食べた。場所は日本一暑い熊谷市である。Xの実家から車で15分程の距離にある焼肉屋に入った。荒川にかかる久下の新しい橋を渡る。以前は冠水橋で大雨が降ると増水し通行止になる。現在は立派な橋に作り変えてあった。

クリックすると拡大します。 マッコリと焼肉のテーブル
久下の橋を渡りしばらく進むと国道17号線の交差点に差し掛かる。これを右に曲がり5分程走ると左側に焼肉屋がある。店舗の名前は。。亭である。ここまで書けばバレバレだろう。

この通りは車のディラ―と中古車販売の車屋が多い。また、ファーストフード店や寿司屋、ラーメン屋、うどん、蕎麦等の店が多くグルメ通りである。その1つの焼肉屋に入る。

お店は2階部分にあり下は駐車場で周りの敷地にも車が置ける。広いスペースで楽に駐車できた。運転はXの実家のおじさんが運転してくれた。Xの実家から川越の自宅まではXの運転である。 さー飲むぞ食うぞー。

本日の会食のメンバーはおじさん、お婆ちゃん、セカンドとXそして作者の5名である。店に入るとすぐにテーブルを案内してもらう。炭の準備の間に焼肉のメニューから食いたい肉を好き勝手にオーダする。

作者はマッコリとホルモン、くるりんタコを注文する。くるりんタコはタコ壺に入ってきた。春先に取れるイイダコのようだ。網で焼くと確かに足がくるりんとまいた。タコ壺の中のたれをよくまぶして焼くと甘くまろやかなタコに焼きあがる。タコ壺の中のタコは3匹しか入っていなかった。壺を横にして中を確認する。

各人が注文した焼肉がテーブルに運ばれる。煙を上げて美味しそうな匂いとともの箸の運ぶ回数が激しくなる。他人が焼いた肉を頃あいを見て奪いとる。なぜか全員網の遠いほうに箸が伸びる。焼きあがるまでジッと待っていると直前に箸が伸びてきて持って行かれる。サバイバル状態だ。

そんな焼肉であったが、肉がなくなると次から次に注文した。肉が不足する事はなく不満を言う人はなく全員満腹になった。久しぶりに笑い、食べ楽しい焼肉であった。

TOPに戻る



珈琲専科

直輸入の豆を焙煎

自家焙煎とばかりにいきなり能書きが出てしまった。「うーん」と悩まされる。簡単に考えてもらってよいですねー。珈琲の入れかたを私なりに紹介します。

クリックすると拡大します。 焙煎された珈琲豆
クリックすると拡大します。 出来上がりはいかに?
直輸入の珈琲豆と焙煎はフレンドさんが手がける。今回、ブラジルから直輸入の豆が入荷したとのこと。早速、期待しつつ焙煎を託してもらい自慢の一品をわけてもらった。

自家焙煎のメリットは趣味の世界であっても自分が気に入った珈琲を煎れることにある。同じような物であっても焙煎の度合いや焙煎の火の入れ具合によっても珈琲の味が変化する。

また、珈琲豆の産地や種類によっても味が全く変わってしまう。そこで、珈琲の入れ方を紹介します。やかんとろ紙があれば簡単に煎れられる。

ろ紙はろ紙器に入れ水で浸し紙がろ紙器の内側にピッタリくっ付くようにする。粗挽きにした珈琲豆をろ紙に入れる。あらためて沸騰させたやかんのお湯を少量であるが粗挽きされた珈琲豆全体にお湿りをさせる。2、3分程放置する。急いで次の工程へ進まないことが美味しい珈琲を煎れる秘訣である。

まろやかに仕上げるには80°前後の湯温が良く、酸味を好む人は90°以上の湯温で抽出すると良い。また、中心に円を描くようにお湯を注ぐ。ふちや周りに沿ってお湯を注ぐのは禁物である。味が雑になる傾向にある。

俺はブラック!、豪語している人は沸騰したお湯でガンガン落とす。そのままコーヒーカップに注ぎ、真っ黒な珈琲を飲んでみてはいかがでしょうか。体に悪いので薄めて飲んでください。

注いだお湯で珈琲豆がふやけたところでグラスの器の底に落ちた珈琲は捨てることにする。熱湯を注ぐこと、ここで一つ知恵袋あり。焙煎し挽いた直後の珈琲豆はお湯を注ぐと盛り上がるのです。下の写真を見てください。
クリックすると拡大します。 熱せられ泡を吹く珈琲豆
クリックすると拡大します。 玉になり転がる。

試してガッテン! ではないですが、焙煎と同時に熱で豆の中に炭酸ガスが入り、これが再びお湯を被ることにより、炭酸ガスが再び排出してこのように泡状になり、盛り上がってくるのです。


新鮮な程、珈琲の表面が盛りあがてきます。新鮮かどうかの見極めの指標にもなります。大体、焙煎して1週間ぐらいはよく盛り上がります。試しにお店の豆と比較すると良くわかります。

お湯を注いでこの泡が出なくなったら抽出は終了です。もったいないが完了となります。珈琲の味の深みのわかる人のみが楽しめる技あり一本といったところです。

珈琲をがぶ飲みする人には泡の出なくなった後の豆を抽出して飲ませれば十分美味しいと言ってくれること間違いなし。アメリカンですね。なかなかいい味してますね。笑い!
クリックすると拡大します。 濁りをチェック


さて、こっからが珈琲匠の技を評価する。最終ラウンド。辛口で、、、、。この世界はワインとよく似ている。アロマ(香り)、酸味、Body(コク、口あたり)、Aftertaste(余韻)最後にClean(きれいさ)で評価される。

香りはナッツのようであり、酸味はレモンのようでなめらか。コクはクリームのような滑らかな口あたりである。余韻は徐々にワインのようなまろやかな物が残る。濁りのない珈琲であった。

ここで、最後にブランディーをスプーンに1さじ入れる。物足りない人はバニラアイスを浮かせて飲んではいかがかな。自分流の楽しみ方で挑戦して見てください。終わり。

追記、今回のブラジル珈琲は申し分のない上等な豆とパーフェクトな焙煎により美味しい珈琲に出会った。次回は日本の小笠原で露地栽培されたジャワ島原産の純木から採取された珈琲を味わってみたい。



友人からブラジル・ブルボン種の豆を500グラム程頂く、焙煎前の珈琲豆の写真です。さて、問題は普通の豆と異なる形をしているため焙煎がちょっと工夫がいる。お手元に同じ豆をお持ちでしたら是非焙煎を試みてください。楽しみは無限大に広がります。

クリックすると拡大します。 ブラジル・ブルボン種
クリックすると拡大します。 深煎りと生豆の大きさの比較















TOPに戻る  



冬至

一年は早いもので冬至である。北半球では太陽の高さが1年中で最も低くなる。夜が長くなり、昼が短い。無病息災を祈りゆず湯に入った。ゆずはXの実家から頂いた。

ゆずにはビタミンCが豊富に含まれ、肌に良く皮膚に膜を形成し肌の水分を逃さないらしい。香りの良いゆず湯はアロマテラピーのリラックス効果も期待できそうである。
クリックすると拡大します。 ゆず


5月5日の菖蒲湯は勝負運が強くなるように。ほんとかな? 冬至はとうじで湯につかって病を治す「とうじ」。これに願かけ願いがかなう。更にゆずも融通が利きますようにという願いが込められている。

お風呂に入ったら驚いた。ゆずがお風呂の湯に10個程浮かんでいる。そのうちの二つに日本のJ−POPシンガーであるゆずが浮かんでいた。なんとセカンドがゆずに北川と岩沢の似顔絵を描いたのである。

どっちが北川で岩沢なのかわからない。北川はときにタンバリンを持ち、岩沢はハーモニカを吹くが、描いたセカンドには区別ができるとのこと。湯に浮かぶ柚子のゆずはわからないが気持ちの良い湯ぶねにつかった。

TOPに戻る



パンダ公園



赤間川を横に見る公園で、正式には赤間川公園と呼ぶ。パンダの背中に小さい雪だるまが乗っていた。雪だるまが溶けて少し傾いている。パンダさん動かないで。

ちなみに、道路からパンダ公園を連絡する橋の色が以前は派手な紫色であったが最近クリーム色に変わった。その橋の上からパンの耳を投げ込む情景をよく目にする。鯉が大きな口をあけてパンをキャッチするのである。
鴨がパンを食いに泳いでくる。鴨の足が鯉の頭をけちらす。鯉も負けずに必死に口を開けて浮いてくる。サバイバル状態だ。 鳩が残り物をもらいに飛んでくるが皆無関心だ。鯉が主役のようです。

パンダ公園の下の赤間川ではスッポンが出る噂が広まり、噛みつかれるので入らないようにと騒がれた。スッポンに噛みつかれた時は水に入れると離すのが本当であるが、おかしな噂があるものだ。また赤間川公園ではなく、パンダ公園と呼ぶところが面白い。パンダの横にカバがあるが、カバ公園とは呼ばない。カバがかわいそう。

場所は菓子屋横丁から高沢橋際の見立寺を左手に赤間川を上流に歩く。一つ目の橋を渡り、さらに上流へ行くと左手にパンダが現れます。菓子屋横丁から2、3分程の道のりです。

TOPに戻る







川越市菓子屋横丁周辺に出現した兎である。この右の反対側には大きなカエルもいた。題して「 カエルの大きさにビックリしたうさぎ 」である。 大きな8 匹と小さな5 匹のミニミニ動物園と題して制作者のヤジマ キミオさんの作品が展示してある。

全ての作品を見るには菓子屋横丁周辺を丹念に歩くしかない。大きな口を開けた巨大カバは確認しているが、他の物は何処に。

この日は秋の川越祭りの真っ最中の出来事であった。携帯電話で写真を撮る姿が沢山あった。祭りが終わった次の日に横を車で通過した時には大きなシートが被せてあった。

その後になっていつの間にか消えてしまっていた。何処へ消えたのか。再び見たい思いである。
TOPに戻る



隣の晩ごはん

突撃! 隣の晩ごはんが川越にやってきた。

クリックすると拡大します。 サイン

2010年9月の夕方、子供の友達からヨネスケが近所に来ているという電話が入る。子供が外に飛び出し、友達の家に行く。友達と近所を探索したらすぐに撮影現場を発見。

暗闇の中をスタッフと共にお宅に突撃するところをゲット。Xが道端でヨネスケに声をかけ握手をする。感激!セカンドはそのまま友達と追っかけ。

今回の突撃は4件で終わる。そのうちの2件はセカンドの中学の同級生のお宅訪問であった。

道端でセカンドは友達と共にヨネスケを中に入れ記念写真まで撮ってしまった。さらに、サイン入りの名言を書いてもらった。素晴らしい。ノートの切れ端に丁寧に書いてくれた。今でも大事に保管している。宝物である。

突撃、隣の晩ごはんは昼の番組で隔週の番組編成である。2週間後になり、テレビを拝見すると、なぁ、なぁ、なんとお宅の家ではパニック状態で、近所の家の食卓の様子が良くわかる。面白いものだ。

仮に 、自分の家にヨネスケが来たらどうしよう。我が家は無理!なんていっていても、突撃されたらおしまい。全てをさらけ出されてしまう。本当に面白いが、、、、、といったところである。

驚くことに、自分専用のまい箸を持参であるからたまらない。鍋の中までチェックされてしまう。良い意味で町内が大騒ぎになってしまった。

TOPに戻る




住民基本台帳

税金納付につき役所の出先機関へ出向くと混雑!!

春一番が吹いた翌日である。頃はまだ2月下旬、納税の時期である。会場は川越駅西口東上パールビル地階の特設会場である。食品街の一角に設けられている。

散歩がてら20分の道程である。川越市駅方向から西武新宿線の線路を渡り右に歩道を歩く、さらに頭上の東武鉄道の線路をくぐり川越駅西口方面へ歩く。左手の赤心堂病院を過ぎ、東上ビルの地下へと入る。
クリックすると拡大します。 住基カード

大勢の人でごったがえしている。渦を巻くように人の列が並んでいる。1時間程待ってやっと自分の番がくる。書類を受け取るだけで1時間を過ごした。なんとバカな対応だ。

書類による提出か電子入力による申請の二通りに分かれる。いずれにしろ第二のステップがある。電子申請に変更し市役所に出向き住民基本台帳カードの発行をする。

東上パールビルを出て、元町の市役所本庁舎へ向かう。途中、川越駅の線路脇で市役所にカード入手の問い合わせをする。

@、、必要な事は本人が窓口に来る。

A、、本人確認ができる運転免許証かパスポート(顔写真入り)と保険証のような証明できるものを持参とのこと。身分証明が必要以上に厳しくなっている。

B、、印鑑でゴム印以外の物

C、、住民基本台帳カードを身分証明として利用する者は縦、横(4.5×3.5センチ)のパスポートで利用するサイズの顔写真を用意する。

D、、カードの費用500円

E、、納税で利用する場合は電子証明のためにさらに500円が要する。以上が電話でのやり取りの内容であった。

F、、最後に電子証明を行うには本庁舎のみの手続きである。住民基本台帳カードの発行は本庁舎と川越駅に隣接するアトレー1階にある連絡所、高階出張場の3か所で手続きできる。

市役所本庁舎まで歩くこと20分。腹が減ったのでいったんホームへ帰り腹ごしらえである。歩いて5分である。午後になって再び外出となる。

あらためて市役所へ行く。整理券をとりしばらく待つ。自分の番号が呼ばれ手続きをする。時間がかかり、大変だ! 何が大変だって? 役所の担当者である。細かい仕事を一つ一つこなしている。当たり前なことであるが、よく仕事をしている市の職員に感謝する。

役所の仕事でも民間と同様ストレスが存在するのかな、、、いろいろなことを想像しながら待っていると自分の名前が呼ばれた。暗証番号を入力してくださいと言われ、人差し指で4ケタの暗証番号を入れた。担当者は背を向け見ないようにしている。最後に納税の為の電子証明の手続きである。

再び暗証番号を入力しカード代と電子証明の手続きの費用を1000円支払い終了した。20分程の時間を要した。何パーセントの世帯で電子申請をやっているのか疑問であるが、住民基本台帳カードを本格的に導入すると一人20分として考えると一日に何人分対応できるのだろう。余計な心配事を考えてしまった。



TOPに戻る



柚子と唐辛子

大量の柚子と唐辛子で柚子風味唐辛子を作る計画

平成23年3月中旬、埼玉県には関東のカラ風が吹く。暖かい日もあり春は目の前に来ている。
クリックすると拡大します。 柚子
クリックすると拡大します。 唐辛子

我が家に危機が訪れる。食料である米が底をつきXの実家へ調達に走る。

米を5キロ程もらう。ついでに畑に行き大根を引き抜き、2本頂く。足の太もも程有ろうか太く長い大根だ。葉物野菜も抜き取り車のトランクに押し込んだ。

葉を食い荒らす虫たちは寒いのでいない。そのためか野菜に大きな穴もなく食い荒らされた様子はない。市場に出荷できるぐらい成長していた。

柚子の木が母屋の西側に生えている。この時期になるとでき過ぎて大地に落ちたり、鳥に蝕まばれたりして良質の柚子の実が少ない。物置の軒下に吊るしてある唐辛子も頂く。
クリックすると拡大します。 ビン詰めと袋詰め

柚子の皮を天日干しにし乾燥させる。タコ糸に柚子の皮を数珠のように通し、1週間ほどベランダで乾燥させる。西高東低の気圧配置の日が続くとベターだ。湿気が高いと柚子の表面の色の上りが黒ずんで良くない。

さらに皮を小さく切ると、包丁の切り口が黒く変色し色合いが悪くなるので注意が必要だ。柚子の皮を剥く作業と乾燥は日を選んで行う。

乾燥した材料を細かく粉砕し、フライパンで熱を加え、ビン詰めする。親戚に分ける量を袋詰めした。


TOPに戻る




手打ちうどん

週末の土曜日の午後。最近やっていない手打ちうどんを作ることにした。今晩の食卓は手打ちうどんだ! 麺つゆも一緒に作る。どんな味になるやら?
クリックすると拡大します。 うどんの玉
クリックすると拡大します。 切り落とす

うどん粉は備蓄用として東日本巨大地震後に購入した物を使う。2週間も経過しているので安全圏内に来ているだろう。

気になるのが原発の放射能漏れである。水や葉物野菜まで汚染された。当地は埼玉県であるが全くないとは考えずらい。

そんな中、うどん作りを試みることにした。マンション住まいのために狭いのでテーブルに厚手のビニールを敷く。粉は500グラム、塩は30グラム、水は200グラムを準備する。

200グラムの水に30グラムの塩を溶く。これを粉に混ぜるのであるが、粉全体に水が浸み込むように手早く混ぜる。むらが生じると蕎麦打ちと同様に失敗に至る。

手の甲で体重をかけながらこねる。足で踏みこねると腰が出て良いが麺を伸ばすのに一苦労だ。今回は体力不足もあり足踏みはしない。

30分程こねた後、ラップに包み3時間寝かした。うどんの玉の表面のつやが程よくしっとりとしている。どうやらうまくいったようだ。
クリックすると拡大します。 盛り付けたうどん

うどん粉とカタクリ粉をまぶし、麺棒で薄くのす。好みの幅に切り落とし、鍋でゆでる。茹で時間は麺の表面が透明になってきたら終了である。麺の芯まで透明になったら糊を食っているみたいで美味くない。良く茹で時間の事を聞かれるがあまり気にしたことはない。

あえて言うならば2分ぐらいかな。時間より麺の茹り具合を見ながらの方がうまく出来る。指し水を入れる人もいるが当方はしない。団扇でひたすら吹きあがる泡を仰ぐ。

茹で上がったら冷水に浸し綺麗に盛り付け食卓に上げる。手打ちうどんの美味しい食べ方は熱い麺つゆに付けて召し上がるのが一番。煮込みうどんよりつけ麺として食した方が麺の味が引き立つ。


TOPに戻る




懐中電灯

震災後の計画停電に役に立つ便利な懐中電灯が押し入れの奥から見つかる。
クリックすると拡大します。 柔らかい光の懐中電灯

20年以上前に友人の会社の倉庫を片付けていた時に見つけた物である。金属の金型のプレスを営む友人の会社で先代の社長が製造した懐中電灯である。

電池の液漏れで底とスイッチの板バネが腐食していた。底の部分は穴が空く。十円玉程で錆を取り除き綺麗にする。豆電球は3.6Vの表示があり電池を入れ替え点灯する。

薄オレンジ色の柔らかい光だ。40年は経過しているだろ。豆球が未だに健在だ。昔はこんな薄暗い光の色でも十分明かりとして通用したと思うと感無量である。

銀メッキのつやのある輝き、今にない形共に捨てがたい。今回の大震災の影響で停電を余儀なくされたが、懐中電灯で暗い夜を楽しんでいる。また、薄明りのお風呂で洞窟風呂の気分を楽しむ。


TOPに戻る




にぼしの佃煮

ある時、OMさんから佃煮のセット物を頂いた。何種類か混ぜると佃煮が出来るというものだ。
クリックすると拡大します。 材料
クリックすると拡大します。 小皿に乗せる

絶妙な美味しい味がした。家の者に好評であった。そのためか直ぐになくなってしまう。

それで真似をして作ってみようと考え、材料をそろえる。

小振りの食べる煮干、ちりめん、小刻みなカツオ節、おなじみのふじっこの塩昆布、最後に1ミリから1,5ミリの細い切りイカ。ざっと5種類の具材を買い求める。

特に材料の中で良質の物選ぶのがコツだ。ちりめんは何でもよい。食べる煮干は小振りに限る。カツオ節は大きいとカツオ節同士が絡み付き玉状になるので小指大がベスト。

切りイカは口の中で噛んだ時にうまみが出るので隠し味として重要だ。大きめのボールに好みで具材を入れる。割り箸でかき混ぜ、醤油、みりん、料理酒を適当に好みで入れ良くかき混ぜる。

一味唐辛子を少々入れ、ピリット感を出す。煮干の苦みは粉末のお茶を耳かき一杯入れる。当方は桑の葉の粉末を入れた。

器から直接食べると無くなるのが早いので小皿に移す。食事が楽しい。米の消費量が最近多く感じる。5キロ程買い込んでもすぐになくなるのは佃煮の影響かもしれない。メタボにも注意が必要になってきた。


TOPに戻る




コーヒ豆雑味抜き

柿の渋抜きの方法からヒントを得る。アルコールを使うのである。
クリックすると拡大します。 雑味抜き中のコーヒ豆

予算の関係からいかに安い生豆を焙煎して美味しく飲むか、趣向錯誤が進む。思いつきは山梨県の昇仙峡へ旅した時のことである。紅葉を見た帰りに甘草屋敷での柿の渋抜きある。

渋抜き方法は焼酎、窒素ガス、炭酸ガス、硫黄などいろいろある。そこで山梨県の葡萄から作ったブランディーを使う。アルコール濃度は40度でかなり上質である。

ネルに湿らせたブランディーを二重皿にしてラップで包み三日間保存する。飲んで驚く。皆様も試してください。焙煎して冷えたらすぐにたくすと良い。

深煎り焙煎は出来立ては炭のような物で一週間過ぎないと炭臭く味が出ないですが、三日間雑味抜きしたら取り除く。そのままでも良い。

コーヒ屋の親父に話したら変な顔をしていた。当たり前だね。専門家や職人さんは自分のやり方が正しいと信じているから。こっちは素人ですね。なんでもやってしまう。最終的に飲めればOKである。


TOPに戻る




倍返し饅頭

半沢直樹、小振りな饅頭。840円也
クリックすると拡大します。 半沢直樹の倍返し饅頭

3月にオープンした東京駅丸の内の注目の新スポット「KITTE」を見物する。さらに半沢直樹の倍返し饅頭を東京駅で買ってきた。9個入りで840円とご祝儀価格でだいぶ高値。それでも話題のドラマにあやかって行列ができていた。

欲張って二箱も買い求める。お茶を飲みながら食べたら美味しかった。餡子がたっぷり詰まっていて甘さも程よく皮はしっとりしていて美味しかった。その後日本橋のアートアクアリウムこと金魚展を見て帰る。東京は楽しいなー。終わり。




TOPに戻る