酔心 (広島県三原市東町)銘酒酒蔵巡り100選



(大観先生愛飲の復刻版) 左が復刻盤、右の二本は純米酒「稲穂」と純米吟醸

軟水仕込みの極みであるコクのある辛口にして甘露

大正時代に酒から徴収する税金として優良な清酒酵母を探し培養する。国家予算にするために酔心の酒蔵の酵母を1914年に全国の酒蔵に配布した。3号酵母として全国に供給する。

[原材料名]米、米こうじ(国産)

[精米歩合]65%

[アルコール分] 14度以上15度未満

[飲み頃温度]常温、ぬる燗

世の中いろいろな種類の酒があるが、甘口、辛口と表現するが、酔心の酒はうま口である。中でも酔心(稲穂)は絶妙な味わいであった。塩辛や魚の干物に良くあう。